スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.11.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    時代は変わる。

    0
       
      どもども、火曜担当の民やんです。
      てーっきり今日が火曜と思っていたら、、、
      月曜が祝日やったんで、もう水曜じゃないの!
       
      なんか、、、、めっちゃ得した気分。(笑
       
      1日多く働いたみたいだ。(笑
      今週の仕事も残すところ今日入れてあと3日。
      週末がもうすぐだ!
       
       
       
      てな訳で、、順序入れ違いになりましたが、、、
      火曜担当のワタクシがブログ書きまーす。
       
       
       
      さてさて、今週のテーマは「記憶に残る先生」ってコトですが、、、
      担任になった先生はみんな記憶には残ってますねー。
       
      小1,2 ナルセ先生
      小3,4 マツモト先生
      小5,6 ハマセン
      中1   ユカミ
      中2   オンチ
      中3   ハウス
       
      先生の名前がだんだんアダ名になって行ってるのは年頃のせいですね。(笑
      6者6様の先生方、、
      中でも、もっともキョーレツやったのはハマセンですね。
      浜田先生、通称、ハマセン。
      学校イチ怖い先生で通っていたハマセン。
      何度叩かれた事か。(笑
       
      そのハマセンの格言がコレ。
      「犬でも一発殴ったらキャーンって鳴いて言う事聞くようなるねん。」
       
      ありえませんねー。(笑
      今の時代じゃ絶対即刻クビっすよ。
      事件ですよ。ニュース載りますよ。
      恐ろしい教師でした。とんでもなかったですねー。
      あ、ちなみに、ウチの3兄弟、全員このハマセンが担任になってるんです。(笑
      しかも、妹に至っては3年〜6年まで。。
      同情しましたねー、サスガに。
      なんせ、女の子であろうと容赦なく叩きますからね。(笑
       
      でも、妹の時代になると、さすがに問題になったみたいですよ。
      体罰が。
      ま、当然でしょーけどね。
       
       
       
      こんな先生がいたのも「時代」ですね。
      体罰も立派な教育の一環だった「時代」。
      ま、オレもそれを否定はしませんけど。
      怒られ、叩かれ、コケて、怪我して、喧嘩して痛みを知る。
      それも教育。
       
      逆に、現在の教育ってどんな感じなんでしょうかね。
      生徒第一主義の教育、、
      それってコワイ部分ありますよね。

      バンドブーム到来!

      0
        先週末、「見放題09」が大盛況のうちに終わり、、
        軽く燃え尽き症候群の火曜日担当の民やんです。
         
        748本舗のメンバーも全員来てくれて、嬉しかったなー。
        いやー、しかし、楽しかった。
        さぁ、こっからはスイッチ切り替えて、「題名のない文化祭」モードですよ!
        この勢いを748本舗に持ち込まないとね。
         
         
         
        さてさて、そんなこんな、
        今週のお題は、「思い出MUSIC 中学校編」。
        そう、この時代に、僕は出逢ってしまったんです。
        今の自分の根底をなすと言っても過言では無いMUSICに。
         
        巷を席捲していたバンドブームと呼ばれる一大ムーブメント。
        そのブームの後期に僕は音楽に目覚めたんです。
        ブームに乗って、数々表舞台へ現れたバンド達。
        ジュンスカ、すかんち、筋少、レベッカ、リンドバーグ、ブルーハーツ、レピッシュ、
        エトセトラエトセトラ、、、。
        どれもこれも素晴らしいバンドです。全部好きです。
         
         
        けど、そんな数あるバンドの中、オレに最も衝撃を与えたのは「ユニコーン」。
        ココロを揺さぶる楽曲、バラエティに飛んだ楽曲、メンバー5人の個性溢れるキャラクター。
        アイドルであり、バンドであり、エンターテナーであり。
        CDはもちろん、雑誌や、テレビや、何でも見てましたねー。
        ホント、ハマりにハマりましたよ。
         
        そんな折、その当時好きだったコに勧められたのが、「THE BOOM」だったんです。
        スカの縦ノリサウンド!サイコーでしたねー!
        ブームとの出逢いは不純(笑)でしたが、その出逢いは間違いじゃなかった!
        スカに始まり、フォーク、沖縄、ブラジル、、形を変えつつ進化していくサウンドは唯一無二でした。
         
         
        そんな2つのバンド、
        「ユニコーン」と「THE BOOM」に激ハマっていた中学時代。
        それはオレだけに限らず、バスケ部のみんなも同じく。
        部活の帰り道、良く歌いながら帰ったっけ。
        休みの日、カラオケに行って良く歌ったりもしたっけ。
        ユニコーンとブームの初期のアルバムを聞くとそんな思い出が蘇るんです。
         
        中学時代の音楽と言えば間違いなく、「UNICORN」と「THE BOOM」なんです。
         
         
        ちなみに、
        ワタクシの「民やん」ってあだ名は、民生+MIYA=たみ+みや=たみや=民やん。
        なんですヨ。(笑
         
        勉強になりましたか?(笑

        It's Time Zone。

        0
           
          雨の火曜日。担当は民やんです。
           
          今週のお題は、「思い出MUSIC 小学校編」。
           
          748本舗5人の中で、最年長であり一人だけオーバー30のワタクシ。
          昨日のシタニのブログ見て思ったんですが、
          聴いてる音楽と生きてる年代に若干違いがあるんですよね。
          ま、若干ですがね。若干。
          まだまだ若いんで。(笑
           
           
          オレの音楽との出会いは、姉貴の影響ですねー。
          当時小学生高学年だった姉が見ていたテレビ。(オレは3年生ぐらい
          それは「トップテン」であり「ベストテン」であり。
          毎日毎日音楽番組を観てました。
          ベストテンと言えば、何と言っても黒柳徹子の司会ですよね。
          あと、ランキングの点数!どうやって決めてたか理解不能やったなー。(笑
          あと、しょっちゅう少年隊(光GENJIも)が合成で歌ってたよね。
          2人はスタジオで、来れない一人はロケ現場で。
          それを無理やり生放送で合成!とか。(笑
          今じゃ考えられないコトやってたよなー。(もちろんクチパクで
          あー、懐かしい。
           
          ジャニーズ全盛期、そしてアイドル歌手も全盛期。。
          光GENJIや中山美穂、純粋に好きでしたよ。(笑
          右に習って、テレビから流れてくる音楽をただ聴いていた。
          音楽はこれが全てと思っていた。
          そんな小学生低学年時代。
           
           
          でも、今になって思えば、その頃からバンドに憧れていた。
          ただ歌っている人よりも、楽器を弾いている人に憧れていた。
          ジャニーズで最も好きだったのは男闘呼組だったしね。(笑
          ダンスや歌がメインのジャニーズで、唯一バンドスタイルを貫いていた男闘呼組。
          なんかカッコ良かったんですよねー。
          「DAY BREAK」や「TIME ZONE」って名曲じゃない!?(笑
           
           
          っと、、、あまりにもシタニと時代差があり過ぎじゃ・・。(汗
           
           
          小学生高学年になると、サスガに聴く音楽も徐々に変わってきましたよ。
          テレビ番組が変わってきたことも影響してるのかな。
          どんどんと増えていくバラエティ番組。
          バラエティ番組と音楽番組の融合。
          そこから生まれるNEWアーティスト。
          やまかつ、イカ天、ホコ天、、そしてバンドブームの到来、、、。
          そして、いわゆるトレンディドラマと言われるモノの走りが現れ、、
           
          それはまさに小6から中学生にかけて。
          怒涛のように革新されていくテレビ界、そして音楽界。
          変わり行く時代のど真ん中。
          そんな全盛期は、中学時代に訪れるんです。
           
           
          詳しくはまた次週。
          中学時代、僕がハマった音楽、バンドブーム全盛期をお届けします!

          「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる。

          0
            どもども火曜と言えば民やんです。
             
            昨日の志谷の日記を読んで純粋に「スゲー!」と思ってたりします。
            県選抜!
            あの能代工業と試合!
            志谷にそんな過去があったとは。
            凄かったんやね。昔は。(笑
             
            この時代の能代工業って歴代史上最強の高校チームやったもんね。
            田臥が恐ろしいほどの速さで走り回り、
            菊池が打てば入る3ポイントをバシバシ決めまくり、
            若月がゴール下で鬼人のごとくリバウンドを取り、
            いやー、負けても試合出来ただなんて凄いやん。
            このメンツと戦えたなんてバスケ人としては最高の勲章でしょ。
             
            オレも高校はバスケに燃えてたからね。
            とは言っても、イチ府立高校の強くも弱くもない高校生でしたけど。(笑
            1年の時に大阪(大商学園)が選抜を制してね。(能代工も撃破!
            エース梶山と2年生ポイントガード喜多の大活躍。
            大阪も凄いんやっ!って思ったね。
            ちなみに、この大商学園はスラムダンクにある高校のモデルとして登場してるしね。
             
            ちなみのちなみに、
            そのスラムダンクに出てくる大阪の「豊玉高校」のエース南。(別名カリメロ
            うちの高校の先輩に激似でしてね。(プレースタイルも
            絶対にその先輩がモデル!とウチの高校では今でも語り草になってるんですよ。
             
            って、マニアックな話ですみません。
            バスケ&スラムダンク知らない人にとっては意味不明ですよネ。
            一応オレもバスケバカやったんで。
             
             
            そんな高校時代。
            バスケに打ち込む日々。
            しかし、高二の夏、、それは終わりを告げる。
            原因はしょうもない人間関係のトラブル、、そして人間不信。
            セブンティーンのガラスのハートには重い重い出来事だった。
            部活をやめ、毎日のように遅刻し、勉強もしなくなり、進級もギリギリ、、
            幸か不幸か私服の学校だったので、学校抜け出しては遊びに行き、
            高校生のくせに友人たちと雀荘に通いつめ。(笑
            あ、ヤンキーではなかったですけどね。
             
             
            17歳にして下に向けて転がり始めた人生。。
            高校は良い思い出と嫌な思い出の両極端。
            どっちかいうと、、あんま思い出したくないかな。(笑
             
            そんな事もあって、
            今回利用させて頂く廃校が、小学校で良かったなーと。
            実は思ったりしてるんですよ。
            ええ。
            って、小学校って暴露しちゃったけど良かったんかな?(笑

            初代籠球部。

            0
               火曜担当の民やんです。
               
              中学の思い出と言うことですが、
              一番に思い出すのはやはり部活ですかね。
              死ぬほど走って、汗かいて、笑って、泣いて。
              まさに青春の1ページ。
               
              小学生時代、バスケに燃えていたワタクシ。
              学校の部活に加え、クラブチームにも参加していたんです。
              クラブチームはどういう経緯で参加したのかまったく記憶無いんですがね。

              中学に入っても当然バスケ部!と思っていたのだが、、、
              まさかまさか、、入った中学に男子バスケ部が無かったんです!!!
              女バスはあるのに男バスが無いって!
              そんな事があって良いのか!?
              こんなにもメジャーなスポーツなのに、、
              中一の民やん少年はショックを受けました。
              テニス、、野球、、バレー、、
              他のクラブへの加入も悩みました。
              けど、やはり僕らにはバスケしかなかったんです。
               
              そこで、仲間数名とバスケ部設立を懇願しました。
              右も左も分からない中学校で。
              入学したばかりの中学1年生が。
              知らない先生ばかりの職員室に駆け込み。
              バスケ経験のある先生を探しました。
              今思い返すとなんて無謀な事してたんだって思いますね。(笑
              「そんな事ぐらいで部活が設立出来る訳ないやん。」
              今ならそう思ってしまいそう。
               
              けど、僕等は本気だったんです。
              あの頃の僕等は。
               
              そして、一人の女性の先生と出逢いました。
              そして、お願いを重ね、顧問になってもらう事が出来たんです。
              そして、奇跡的に男子バスケットボール部が生まれたんです。
              オレの人生で恩師と呼べる人がいるとするなら、この先生しかいませんね。
               
               
              1年生だけの先輩のいないチーム。
              最初は体育館使わしてもらえなかったしね。(笑
              けど、嬉しかったんだな。
              全て自分達から始まるってコトが。
              ユニフォームも自分達で考え発注したっけ。
               
              入部して2ヶ月後の初めての大会。
              相手は3年生ばかりのチーム。
              ボッコボコに負けたんだな。
               
              いやーーー、全てが懐かしい。
               
               
               
              吹田第一中学校男子バスケ部諸君。
              実は、オレらが初代なんだよ。(エッヘン
              もうかれこれ17,8年前の出来事やけどね。
               
              あの時目を輝かせて選んだサックスブルーのユニフォーム。
              今も変わらず着てて・・・・なんてことはサスガにないか。(笑

              気持ちは、僕らの七日間戦争。

              0
                火曜担当の民やんです。

                今週のお題は「小学校の思い出」と言う事ですが。
                自分の事を思い返してみると結構ワンパクやってたなーと思いますね。
                 
                特に3、4年の時が一番ワンパクやったかな。
                近所に、通称”ハゲ山”と呼ばれるデカイ山というか丘があって、
                そこへ忍びこんで基地を作ったり地図を作ったりしてましたね。
                もちろん立ち入り禁止の場所やったけど、そんなんお構いなしで。
                目印となる色んなモノにそれぞれ独自の呼び名を付けて。
                僕らの冒険心。
                その原点の場所の様な気がするな。
                今やってる廃校イベントのまさに原点がココなんじゃないかな。
                 

                カナブン、カマキリ、鈴虫、コオロギを捕まえるなんかはお手の物。
                木にハチミツ塗って、カブト虫やクワガタを捕まえたり、
                栗やビワを取っては食べ、食べては怒られ。(笑
                学区外の池までザリガニ釣りに行ったり、
                30匹釣って、同じ水槽に入れてたら翌朝酸欠で全部死んじゃってたり、
                沼にはまって、足が抜けなくなって焦りまくったり、
                木登りして降りれなくなって木から落ちたり、
                3mあるフェンスよじ登って中学校の校庭で日が暮れるまで野球したり、
                知らない町までひたすらチャリンコ走らせたり。
                 
                あ、これ全部大阪の話ですよ。(笑
                大阪は吹田市。梅田まで電車で13分。
                 

                正直、今の子供たちって、こういう事する前に親に止められちゃうんやろうな・・・。
                それって本当に良い事なんかな?
                もっと自分で考え行動し、自分で痛みを感じ、自分で良い悪いを考え、
                そうあるべきやと思うんやけど。
                近所の子供見ても、走っただけで「走らない!」とか怒られてるもんね。
                走ってコケて膝擦りむいて、全てはそれからやのにね。
                 
                あまりにも安全が第一に立ち過ぎて、狭い世界に閉じ込められてるような。
                もっと世界は広い!
                知らない世界は山ほどある!
                そう思って生きて行ってほしいな。僕らの小学生時代のように。
                 
                きっと先生にドツかれるコトだって、見た事無い世界の一つやと思うしね。
                 
                 
                僕等はこんな大人になってもまだ夢を追いかけてる。
                見た事無い世界を見ようと思ってる。
                小学生の時と同じような気持ちで。
                このイベントがまさにそう。
                何事もチャレンジ!
                あの頃作ってた秘密基地。
                きっと大人になった今でもまだ作れると思うんよね。
                 
                 
                 
                てか、、この日記長いね。(苦笑

                748本舗 2人目です。

                0
                  ブログ2日目です。
                  主催者の一人であり、ブログ火曜日担当の民やんと申します。
                   
                   
                  「廃校でライブ。」
                  ワクワクする!面白い!その好奇心がすべての始まりでした。
                  学校に詰まったあの頃の思い出と懐かしさ、
                  その学校で大人になった今だからこそ出来る事、
                  そんな様々な好奇心をそのまま形にしたのが「題名のない文化祭」
                  そうなればと思っています。
                   
                  少子化の一途を辿る日本。
                  残念ながら、合併または閉鎖に追い込まれる学校も少なくないんです。
                  それは地方の話だけでなく、ここ関西においても。
                  調べれば調べるだけ廃校の存在を知りました。
                  このブログを読んでくれてる方の中には、母校が無くなってしまった人もいるかもですよね。
                   
                  子供たちがいなくなり、人の出入りが無くなってしまった学校。
                  そんな学校に、たった一日かもしれませんが、笑顔と歓声が溢れれば、
                  そんなイベントになればと思い、願っています。
                  まだまだ、内容的にはこれからですが、11/14よろしくお願いします!
                   
                   
                   
                  さて、
                  順序逆になってしまいましたが、最後に私の自己紹介を。
                   
                  普段はサラリーマン、時にイベンター、3度の飯よりライブ好き。
                  週に5回はライブに通う本名不詳のライブバカ。民やんと申します。
                   
                  近いところでは、7/4に「見放題09」というライヴサーキットを開催します。
                  4会場同時開催出入り自由、総勢33アーティスト出演の巨大イベントです。
                  詳しくはコチラで。 → 『見放題09 Official Web Site』
                   
                  関西発信で面白い事をやってやろうじゃないか!
                  その精神で様々な方面にアンテナを伸ばす日々です。
                  「見放題09」「題名のない文化祭」もまさにその精神です。
                  どうぞよろしくお願いします。

                  << | 2/2PAGES |

                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << October 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM